常にイライラしている人ほどアンガーマネジメントなんて考えてない件

アンガーマネジメント,イライラ

こんにちわんこ!
今年の大寒波はいつまで続くのでしょうか・・・。寒くてタヒそうです。

さて、私の職場にはイライラ常にしている人がいます。
何かがあって、イライラさせているのであれば理解できるのですが、朝、出勤した時からイライラしていることが多い人なので、周りも朝は話しかけないように、イライラをこちらにぶつけられないように、できるだけ触らないようにしていたり。

でも当の本人は、イライラして、周りが気遣うことが当たり前なのか、とにかく朝は挨拶をしても無視。
同じことを違う日に話せば、ニコニコして返ってきたことも、機嫌が悪ければ「何言ってんの!」的な返答。

こういう人はアンガーマネジメントしないんだろうか?とふと考えたのですが、さらに私がいきついたのは
「常にイライラしている人ほどアンガーマネジメントなんて考えてないんじゃないの?」ということです。

ところで。アンガーマネジメント知ってますか?

要は、怒りをコントロールしましょうよってこと

アンガーって英語でいう怒りとかだと記憶してますが、怒りや苛立ちをアンガー(anger)。
それをマネジメント、つまりコントロールするこがアンガーマネジメントです。

自分がやろうと思っていたことが他者によって邪魔されてできない。

・電車に朝乗ろうとしたら、混雑がひどい上に自分が乗ろうとしたら横からおじさんが突き飛ばしてきた。
・ごはんを作ろうと思ったのに、旦那が「風呂に入りたいんだけど、俺のパンツどこにあんの?!」
・出かける時になって、子供がぐずりだした
・買い物に行ったらレジでクレームをつけだした人がいて長蛇の列にイライラ。

など、日常生活でついついイラっ!とくることって、まぁよくありますよね。

そういうときに、イライラしないで済めばストレスもたまらないし、心の健康においてもすこやか~になるんでしょうけど、その怒りを我慢するのでもなく、コントロールする方法がアンガーマネジメントなんだそうで。

ムカっ!イラっときたら6秒間はクールダウンする

怒りって大体、ピークがあって、それを過ぎても周りに当たり散らしている人は、ほぼ「振り上げたこぶしのおろし方」がわからない状態になっているかと思います。

その怒りのピークは6秒と一般的には言われているんだそうで、この6秒間に反射的に何かを言うと、売り言葉に買い言葉になってしまいます。

「風呂に入りたいんだけど、俺のパンツってどこにあんの!?」
とこれは、夫や子供が自分のパンツが思ったところにないことでイライラしているのを八つ当たりしているパターンですよね。
そういう言い方をされると、こっちも「ムカっ」とくるので、
「いつものとこにあるでしょ!よく見てよ!!!」ということになってしまいます。

この間がおよそ6秒間なんですって。
6秒間の間に冷静な対応ができずに、反射してしまうと、もめごとが大きくなる傾向があります。

上の例でいくと
「いつもんとこにないから言ってるんじゃん!見てから言えよ!」
となり
「じゃあ、わかんないわよ!整理整頓くらい自分でちゃんとやってよね!大体、いつも・・・(略)」
となるってことです。

結果、
「大したことじゃないのに、なんであんなに怒っちゃったんだろう」てなことになって、後悔するわけです。

怒りの6秒間のやり過ごし方

じゃあ、この6秒間に自分がイラっと来なければいいわけで。
電車に乗ろうと思ったらおじさんがぶつかってきた。
レジが遅い。
などなどの日常生活に役立つことはありそうですね。

手のひらにイライラしたことを書いてみる。

デスノート?じゃないですけど、メモ帳とかに書くと、あとから読んで反省できるタイプはいいですが、反省を通り過ぎるとへこみすぎて、対人恐怖症になるので、(いや、あり得るので、ほんとに)手のひらに指で書けば残ることもないですし、書いている間にクールダウンできる程度の怒りだったら、この方法は気持ち的に楽です。

アンガーマネジメント協会ではメモ帳に書いてもと書いてありますけれども、残るのがイヤダナとか、ネタとして後から読むことができない人は、メモ帳は薦めないかも。
時間稼ぎをして、頭を冷やしてクールダウンするのが目的なので、やり方にこだわる必要はありません。

怒りの温度をはかる

怒りは目に見えませんが、人の表情やオーラは温度を感じますよね。
その場が凍てついた、怒りで顔が赤くなる、ショックを受けて顔面が蒼白になる、など、色々な場面で表情やオーラは温度のように数値化されます。

怒りを感じて6秒経過したら、
今の自分の怒りは真夏日レベルだな、とか天候に当てはめてみると、さらに冷静になれるそうです。

自分の怒りを温度にして、それこそ日記に書いてみると、自分がイライラするときや、ムカつく時はどんな時で、どれくらいの怒りを感じるのか、自分のパターンが見えてくる。
確かにその通りですが・・・・本当に怒りを感じたときには、なかなかこうはいかないので、普段のむかつき程度やイライラ程度にもよってくるかなぁと思ったりもします。

自分の怒りを温度化できる、ということは、怒りながらも数秒でクールダウンできる冷静さを持っていて、かつ、普段からイライラしてしまう自分をあまり好きじゃない人こそ、温度化できるのだと私は思うのだけど。

この2点を常に心においておけば、イライラしたときやむかむかした時にコントロールしやすくなる。
ということでしょう。

<参考:日本アンガーーマネジメント協会

こうして、自分のイライラや、ムカつきに対して向き合い自己反省をきちんとできる人は、そもそも気にするほどには人に対して、イライラや、怒りはぶつけてないのではないか、と、私は思うのです。

そして、こうして反省する人程、自分の中に怒りやイライラや、ムカつきをためていくのでは?

そして、アンガーマネジメント?何それくらいにしか感じない人程、イライラや、ムカつきを他人にぶつけているのではないか、と、私は思うんですよね。

自分の怒りをコントロールしないと・・・って気が付く人は基本的に、自分を振り返ることができる人であって、イライラや怒りを人についついぶつけてしまうことに対して、良心の呵責や、後悔や自責の念がある人ですよね。

人の振り見て我が振りに置き換えない人

実際、常にイライラしてる人は他人がどう感じようが、自分の怒りをぶつけていることに対して鈍感です。

だから、周囲にいる人は面倒だから、気を使い、当たらぬ触らぬ程度の接触しかしません。
職場でこういう人が上司にいると、仕事もしにくく、自分なりの仕事のやり方や進め方をしたくても、それが会社にとっては正解だとしても、その上司に否定されれば何にもならなくなります。

「誰がそんなやり方教えたの!?」
「これやったの誰‼」
みたいなことばかりになるんですよね。
しらねっつの。と思いながらも、これ以上不機嫌になられて、イライラをぶつけられるのも面倒だし、周りからも、怒らせたら面倒だから勘弁してくれよ的な雰囲気があるので我慢せざるを得なくなる。

まさに悪循環。

こういう人程、アンガーマネジメントしてもらいたい。

アンガーマネジメント協会には、そういう人のイライラパターンを観察し、なるべく当たらず触らずをして上手に受け流しましょう。
と書いてありますが、こちらも人間だからそんな悟りきった思考を出きるわけもなく、さらに、なぜ私たちばかりが気を使わなければならないのかと、理不尽さに対する怒りも生まれます。

ほんとに、こういう人にはどうすればよいのですかね。
こちらばかりが我慢してれば確かに怒りの方向は向きませんが、モヤモヤしたままになります。

ロッカーにひっそりアンガーマネジメントの本でも入れたろか、などとも思いますが、無駄だよな~。

常にイライラして粗捜しばかりする姑根性にはアンガーマネジメントは役に立たない。
と、私は思うんですよね~。

自我を通したものが勝つってことでしょうか(涙)

イライラがパターン化されていない人の対処方法を教えてもらいたい

常にイライラしている人の不機嫌パターンを見極めるためには、その人を観察していなければならない。

そんな時間もないし、イライラしている人をずっと観察していたら、余計なマイナスオーラをもらってしまいそう。
私はそう思うんですよね。

例えば、それがお姑さんだったりしたら、見てるのもいやになるから、接しない方向にいきます。
たまに接すると、それはそれでムカつかれるみたいで、結局、不機嫌さをもらってしまう。

このようなタイプの人にアンガーマネジメントをさせるよりも、自分の態度によって周囲が気を使い、ストレスがたまっている。
ということを誰かが知らせない限りは、気が付かないでしょう。
鈴をつけるのを誰がやるのか、と言ったら、結局誰もやらないので、その人は自我を通すことができるわけです。

あなたのせいでストレスが溜まって社員がやめていく。
そういわれても、平気な人は平気なんですよ。
「そういわれたけど、私のせいじゃないわよ!」
って平気で言いますからね。

逆にそんな強い人になってみたい。とも思ったりもします。

私は性善説派で生きてきたのだけど、そういう人ばかりがいる職場にいたことも経験して、人間は性善説で生きている人は損なのかもな~とも思うようになりました。
でも性善説を翻すつもりもありません。

やっぱりね、死ぬときに、自分が潔く、ドロドロ這いつくばりながらも自分に恥じない生き方してきたなって思えることが理想なので。


50歳代ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です