寝る時にどんな暖を取っていますか?人気の暖取り5選

寒い日の暖取り

関東地方含め、大寒波がきてますね~、、、寒いし、電気代、ガス代が怖い昨今です。

眠るときにも寒い!

そんな大寒波の夜、皆さんはどんな方法で暖を取っていますか?
私は、喉が渇いて痛くなるので、エアコンはNG。
靴下を履いて、さらには、タイツも履いて眠っていますが、みなさんは夜、どうやって暖を取っていますか?

首、手首、足首をきっちり暖めて眠る

人の体の中で首がつく部位は温めた方がよいのだそうです。
綾瀬はるかさんも首はネックウォーマーをして眠っている、とテレビ番組で話していました。

私も、モコモコパーカーを着て眠っていますが、うなじ部分が冷えると眠れないので、パーカーの帽子は被って寝ています。
※頭皮的には良くないかも。

帽子までいかずともネックウォーマーは風邪予防にも良いですよね。

手首は寒い空気が手首から通らないように、あまりきつくないゴムのあるものがよいですね。
手首から風が通ると、肩まで冷えて肩が冷えれば体全体が冷えを感じてしまいます。

足首にはレッグウォーマーをつけると下半身も冷えることなく、眠れます。

靴下を履いて眠る人も多いですよね。
私も履いて寝てます。
体によくないなどとも聞きますが、これは、足首部分を締め付けてしまうことで血行が悪くなり、冷えがさらにひどくなるからで、足首を締め付けなければ問題ないです。
5本指靴下が人気で、冷えとり靴下なども人気ですよ。

湯たんぽを使う

湯たんぽで暖を取る

湯たんぽは私が小さいころからある、立派な!暖取りグッズです。
今は電気で充電式のものや、ぬいぐるみの形をしているもの、蓄電式のものからいろいろなタイプのものが出ています。
お湯を入れるタイプが一般的なのかな?と思っていたのですが、ほんとにいろんなものがあるんですね。

また、価格も幅があるようで安いから粗悪品とも限らないようで。
お湯を入れるタイプは朝まで温かさが残るものも多く、それだけ熟睡出来ます。

蓄電式、充電式の湯タンポ(お湯を使わないけど、湯タンポって言うんですね~。)は約3時間~6時間温かさが継続、というものが多いようです。
人の睡眠は寝始めの3時間に熟睡できることが良質な睡眠のポイントでもあるので、3時間以上暖かいままならば、ゆったり眠ることができますね。

寒くて深夜に目覚めると中々、再び眠れなくなりますしね~。

価格も1500円位からあるので、就寝中に暖房費がかかるのは痛い、、、という方にもおすすめです。

電気毛布を使う

電気毛布で暖を取る

電気毛布を使っている人も多いようですね~。

確かに電気毛布は温かいし、一度使うと手放せないのですが、電気代がかかることと、こたつの中で寝てしまうのと同じような感じになるのが気になるんですよね。

本当に温かいのだけど、布団の中はこたつと違って、空間が広がらないので、こたつよりも水分を取られがちになることもあって、寝汗で目が覚めて、布団から自然と出ていて汗で風邪をひいてしまう。という人も。

また、体が温まることでかゆくなるという人も。
自力で温める力を奪ってしまうので、冷え性が悪化してしまう。という声も意外と少なくありませんね。
私も以前、電気毛布を使っていたことがあるのですが、のどが渇いてダメでした・・・。

同じように、ホットカーペットの上に布団を敷いて眠るという方法もありますが、これも仕組みは電気毛布と変わらないので、水分補給を忘れずにしないと危険です。

アクリルや化繊の毛布は温かいのだけど、吸湿性や放湿性がイマイチなので、汗を吸い取らないため、起きたときに汗がびっしょりになりやすくなります。
電気毛布を使う時は直接体に触れる1枚目は綿の毛布やタオルケットにかえてその上にかけるようにしましょう。

布団乾燥機を使う

布団乾燥機で暖を取る

眠るときの暖を取る方法の中でも超人気なのが、布団乾燥機です。

布団乾燥機は、お布団を外に干せない場合に使うだけではなく、暖を取ることにも使えるんですね~。
眠る少し前に布団乾燥機をセットして、10分もすれば布団がポカポカになるので、それだけで熟睡できる!
という人も多いようでした。

これなら電気代もさほどかからないので、意外とおすすめです。
布団を干す必要がなく、さらに暖も取れるので一石二鳥ですよね。

価格も1万円前後で、家族全員が使えるので、一台あると便利かも。

重ね使いもアリ

毛布+掛け布団+毛布
という組み合わせは、非常に温かいです。

毛布によって温まった布団がさらに上に毛布を掛けることで、温かさが逃げないので、お布団の中もヌックヌク。

重い。。。という点もありますが、羽毛布団だったら、これだけで暖房いらずで眠れます。

*参考:知ってなるほど! 冬寝具の使い方4つのコツ

こんな方法もある、寝るときの暖取り

ほかにも

ペットと寝る

あるあるです!特に小型犬や猫は寒がりなので、お布団の中にむさむさと入ってきますよね。
湯たんぽ替わりに本当にちょうどいい!
お互いの体温であっためあうことができるのが、たまらないです。

着ぐるみを着て寝る

着ぐるみを着て寝るのもいいかもです。
普通のパジャマだと上下別々になっているので、寝相が悪かったりすると腰の部分が分かれてしまって、冷える・・・ということもありますが、着ぐるみパジャマだと上下一体なので、全身の温度がお布団と同じようになってヌックヌクに。

昼間使っていたカイロを布団に入れておく

なるほど!そんな使い道がありましたか・・・。

使い捨てカイロって時間が経つとカッチカチになるけど、使い続けていればカッチカチにならないのかな。
冷えなければならないのかな?

ちょっと検証してみたいと思います。

カイロを手作りする方法も人気で、眠る前にお腹や腰、首回りに使ってみるといいですよ♪

まだまだ続く、大寒波・・・。
みなさんは、どうやって眠るときに暖を取っていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です