車を出してくれた友達、ママ友にお礼はどうすべきか?を考えてみた

スポンサーリンク
LIFE

こんにちは!たまこです。

突然ですが、「ママ友」はいますか?
私はもう50過ぎてるので、ママ友、というよりも普通にママ友という友達の世界から離れちゃいましたが、それでも息子たちが小さいころには、ママ友の見えないルールに悩まされたタチです。

今回は
車を出してくれる友人、ママ友にお礼はどうすべきか?
もらってうれしいお礼、うれしくないお礼について考えてみました。

スポンサーリンク

車をいつも出してくれる友人、ママ友に対してのお礼

車をいつも出してくれる友人、ママ友に対してのお礼
対象となる人の年齢や関係性によってもお礼って変わってくるかな~と思います。

私は、人に乗せてもらったりするほうが苦手で、出来る限り車があれば出すほうです。
乗せてもらうと、申し訳けない気がするんですよね。

人の運転が苦手という人もいますが、私はそうではなくて、乗せてもらうことに対して気兼ねしてしまうから、なんです。

遠出した時のお礼はどうしたらいいのだろう

子供が小さかったりすると、幼稚園などが平日お休みになった時に
「みんなでどこどこに行かない?」
なんてことは、よくありました。

幼稚園前の公園デビュー時代も公園仲間でよく集っていましたが、雨が続くと、家の中ばかりで遊ぶのも子供も親も飽きるし、誰かの家に集うにも雨の中、子連れで歩くのもイヤ。
となった時に、車を出すことに対して何にも抵抗を感じないママ友が
「じゃあ、明日は、どこどこに行こうよ」
なんて、よく提案してくれましたね。

似たような感じで、動物園に行ったり、遠いいとTDLに行ったり。ということもあるそうですね。

そんなときにはお礼をどうするんだろう?

ガソリン代や駐車料金を頭割りして出し合う

これは非常に現実的な話ですが、高速道路を使っていくくらいの遠出の場合には、ガソリン代+高速代は、運転手(車を出してくれた人)を除いて頭割りするか、それとも車を出してくれた人も入れて頭割りするのか。
この辺がなんとなくモヤっとする気がしますねぇ。

みんなで出かけているので、高速代は頭割りするのは当然かな。という気はします。
車を出す人も最初から、高速道路の代金は頭割りでいいかな?と提案してくれれば、みなさん
「当たり前よぅ」
って話になると思うんですよ。

じゃあ、ガソリン代は?となると車を出す側としてもそれは請求しにくい。
ですよね。

気が回る人がいると、「ガソリン代も結構高いから、人数で割ろうよ」という話になるけど、運転する側からは言いにくいものなので、車を遠方まで出してもらう時には、ちゃんとガソリン代や高速道路代、駐車料金のことを考えるようにしましょうね。

遠くはないけど、しょっちゅう車を出してくれる人には

どこかにご飯を食べに行こう、買い物に行こう、という時にいつも車を出してくれる人に対してうっかりしちゃいがちなのが、お礼ですよね。
私は遠方、近くにかかわらず、車の運転が苦にならないので、出すほうなんですが、お礼をしてもらうこともあると、うれしくなります。

例えば、食事に行ったときに
「車を出してもらっちゃったから、デザートはおごらせて」
とか、何かのついでにお土産をもらうとか。

何がいい、とかそういうことはありませんが、気持ちがうれしいな、と思うのです。

まぁ、、、でもいただくものによっては「う~ん」となることもあるんでしょうね。
私は、この部分に関しては経験がありませんが、
いつもお世話になっちゃってるから、と受け取ったものが、びっくりするモノだとちょっと引いちゃうかもしれません。

やっぱりね、そこは思いやりだと思う

やっぱりね、そこは思いやりだと思う
上でも書いた遠方に車に乗せて行ってもらう場合には、確かにガソリン代や駐車場代を頭割りでしたりするのって思いやりというよりも、常識かな。と思います。
だって、車を出すということは運転もしてもらっているわけで、他人を乗せるときには非常に気を遣うものだからです。

運転しなれている道であればともかく、たまにしか使わない道を運転するときって、一人でも緊張するもんです。

だから、遠出した時には、運転してもらっている、という気持ちを忘れないでくださいね。

もちろん、車を出している方も、お礼が欲しくて運転しているわけでも車を出しているわけでもありません。

ただ、毎回、同じ人が苦馬を出して運転してくれるのであれば、感謝の気持ちを持つことは大切かな、と思います。

特にママ友関係は、何かトラブルが生じると、子供同士の付き合いにまで尾を引いてしまうので、常識的な範囲でのお礼はしたほうがいいですよって思います。

いつも車を出してくれる人が裏で違うママ友に愚痴を言っていた

いつも車を出してくれている友達に、お礼を渡そうとお菓子などをちょこちょこ渡していたけれど、裏で違うママ友に
「いつもこっちが車出してばっかりで・・・。便利に使われてるのかな」
なんてことを言っていた。

というパターンも実はあったりします。

特にお子さんも一緒に車に乗せてもらうときには、お子さんにも「運転してもらってるんだから、おとなしく乗ってね」と言い聞かせておくことが大切。

相手のお子さんやほかのお友達のお子さんと一緒に車に乗ることで、子供はハイテンションになるので、騒いだりしてしまいがち。
そこはおとなしく乗ってもらうようにしましょう。

また、いつも車を出してもらっている人にはお礼とともにランチをおごったり、ちょっと良いお菓子をプレゼントしたり、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

ほんとに、ママ友って子供いなかったら友達じゃないよなーって思うことがよくあるので・・・。

可能であれば自分もたまには車を出しましょう

ご主人が車を使うことや、他人を乗せることに対してイヤだと思っていないのであれば、可能な時は、車を時には出してみましょう。

「いつも乗せてくれて、ありがとう。今度は私が出すから」
と話してみてください。

できたら、頻度は同じくらいのほうがトラブルになりにくいと思います。

お礼をするときは、お菓子の渡すのもよいし、ランチをおごるのもよいですが、自宅に招待しておいしいお菓子を一緒に食べたりするのもよいですよね。
おひるごはんを作って招く。という形でもいいと思います。

私が「いつも乗せてもらってるから」とお礼してもらってうれしかったもの

ものすごく独断と偏見に満ちていますが、いつも乗せてもらってるから、お礼~としてうれしかったもの。
逆にうれしくなかった、というものはありません。

私が食べるのが好きだ、ということをみなさんよくわかってるようで・・・(涙)

チョコとクッキー

チョコとクッキーを手作りで毎回作ってきてくれる友達がいます。

彼女の場合は、お母さんがお料理の先生をしていることもあってか、とってもおいしいノデス。
他人の手作りは苦手、という人もいるかもしれないし、アレルギーなどもあるかもしれないので、その辺は、聞いてからのほうがいいかもです。

一緒にランチのあとでおいしいスィーツ屋さんでおごってもらった

すいません^^; 甘いものだらけです。

話題のお店が好き!新しいお店に行ってみたい!というのが好きな友人とは、めぼしをつけたところにランチに車で行ったりしていました。
彼女の場合には彼女も車を出してくれるので、お礼というわけではありませんが、いろいろ相談に乗っていたこともあって、ごはんのあとで、お茶しよう!
ということでお茶をしました。

会計の時になって、
「いつもお世話になってるから、ここはいいから~」
と言われて、うれしかったです。

「ごめんね、そんなつもりなかったから、結構高いモノ食べちゃったよ~」
というオチが付くのですが、それでも
「いいの、いいの。本当に相談に乗ってもらって助かってるから!」
と言ってもらえて。

こういう付き合い方が理想というか、大人の距離のある友人との付き合い方かなっと思ったりします。

ママ友時代はなかった・・・。

最後に


ママ友時代は、子も一緒に友達であることが前提なので、大人同士の気が合わなくても子供に合わせなければならない。
というジレンマが生じて、結構なママ友トラブルが生まれます。

それを超えて、子供たちが大きくなり、その後も友人として付き合うことのできる人が、大人の付き合いをすることのできる友人となり、年をとってもいい距離間のある友人でいられることが多いと思います。

付き合うことで損得勘定が生まれてしまう付き合いは、あまりしたくないなぁ、50過ぎると。と思うのでありました。

コメント