握らない!超簡単!かつ大量にすぐできるおにぎりの作り方

超簡単!握らないおにぎり

春の行楽シーズン、お花見や、学校の運動会、お弁当に大活躍をしてくれるのがおにぎりですよね。

ところが、おにぎりって形がうまく作れない、時間がかかる、上手に中に具が入らない、ということありませんか?
そんな方に、超簡単!に作れて、しかも10個作るにも5分もかからないおにぎりの作り方をご紹介します。

この作り方は、お水を使わないので、ご飯も腐りにくく、衛生的な作り方でもあります。

ぜひ、簡単なおにぎりの作り方をマスターしてくださいね。

1分に1個作れる!にぎらないおにぎりの作り方

まずは普通に、鮭を真ん中に詰めるおにぎりです。

おにぎりを作るときに、真ん中に具材を詰めるのって、実はなかなか難しいですよね。
でも、この方法なら、とっても簡単にできます。

握らないおにぎり,簡単
まずは、ラップの上ののりを一枚縦に置いて、塩を振ります。

握らないおにぎり,簡単
次に、ご飯をのりの上に乗せます。
この画像のおにぎりで、大体上の部分60g、下の部分60g合わせて120gくらいのご飯の量になります。
一度にご飯を手で取って、二つに分けてのせると早いです。

握らないおにぎり,簡単
次に上のご飯部分の真ん中あたりに鮭をのせます。


下部分のご飯をのりと一緒に上に乗せます。

ラップでくるんで出来上がり!
すご~く簡単にできますよね。

超簡単!握らないおにぎり
一口食べてみると、ちゃんと真ん中に鮭がいます。

簡単じゃないですか?

この方法で作ると、手に水をつける必要がないので、衛生面でもとても安心です。
また、これ、のりをいくつも横に並べていけば、すぐに簡単に数個のおにぎりが作れるんです。

横に並べても5個くらいなら5分で作れる

試しに3枚並べてみた、とします。

ご飯を同じように乗せます。

ご飯を6回にわけてのりに乗せると時間がかかるので、1回で1つ分のおにぎりのご飯の量を2つに分けて乗せると早くできます。

具もちょん、ちょん、ちょんという感じでのせていきます。

そうしたら、順番に下の部分を合わせていくだけ。
簡単に3つ出来上がります!

具材を2つにしても良いです

よくおにぎりの中に具材が2つ入っていることがありますよね。
あのおにぎりも、この作り方で作ると、とても簡単に作ることができます。

のりの上のご飯をのせます。2つ具材をのせるときは、少しご飯の量を多目にして、ご飯も少しだけ広げてください。

具材は、焼き肉少々と、鮭にしてみました。

のせたら、同じように下の部分のご飯をのりごと上に合わせます。

ラップで包んで、一口食べると2つの具材が出てきます。

とっても簡単におにぎりがたくさんできるので、忙しい朝でも作れます!

行楽シーズンに、お花見の時に、ぜひ、簡単おにぎりを作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です