あなたの生活にピタっとくる!美容、スポーツ、ダイエットを中心に役立つ情報をご紹介しています。

ピタっとインフォ

スポンサーリンク

LIFE

お姑さんからのプレゼント 趣味じゃないし、、どうすればいい?

投稿日:

お姑さんからのプレゼント 趣味じゃないし、、どうすればいい?
姑さんの中には、お嫁さんにプレゼントをしてくる方もいますよね。
また帰省時のお土産なども。
中には誕生日から始まって結婚記念日、クリスマス、旅行のお土産など、プレゼント攻撃をしてくるという姑さんも。
さらに、自分にだけに限らず、お嫁さんの実家にも渡して、ということや孫に対するプレゼント攻撃。

善意から行われることだけあって、断りにくく、特に洋服などは困ってしまいますよね。
上手に断る方法をとるか、頂き物だから受け取るだけ受け取るのかは、あなた次第。ということになりますが、皆さんどのように対応しているのでしょうか。

断っても 遠慮なんかしなくていいんだから!と押し切られてしまう

お菓子や食べ物を山ほど送ってきたリ、渡してくる姑さんに、「ダイエット中なんで~」と伝えても伝わりにくいもの。
逆に
「遠慮なんてしなくていいんだからね!」とか
「それ以上細くなってどうすんの!もっと食べなさい」とか
「あなただけにあげてるんじゃないのよ」
などと言われてしまうと、断りようがなくなりますよね。

こういうタイプの姑さんは「あげる・プレゼントする」ことが満足なのです。
その場その場だけで「ありがとうございます」と受け取り、その後のことはあえて何も言わないのが賢いやり方ではあるものの、毎回毎回だとストレスが溜まってしまいますよね。

スポンサーリンク

お姑さんがいい人だけに困る

姑さんには何らわだかまりもなく、良い姑さんだと思っているけれど、だから困るのがプレゼント攻撃。

わざわざ、お嫁さんのために、と服や化粧品をプレゼントしてくれる姑さんもいます。
でも服は好みもあるし、サイズもありますよね。それと、世代が違うため、姑さんがお嫁さんに着てほしいものを送ってくることもあります。
だから、箪笥の肥やしになってしまうこと、よくあることなんですよね。

たまに「あの服、よかったかな?あったかいでしょ?」なんてチェックが(姑さんからしたらチェックではないにしても)入ることもあるから、うっかりと処分することもできません。

このような姑さんは娘がいない、プレゼントが好き、そしてプレゼントしたものを使ってもらいたい症候群でもあるのです。
しかも、夫の目の前でプレゼントされて、夫から
「おお、いいじゃん。着てみなよ」なんて言われたら、もう絶対に捨てることや処分なんてできなくなっちゃうんですよね。

プレゼントする気持ちはよいのですが、受け取る側の気持ちも考えて贈るのが本来のプレゼントです。
ところが、あげたい気持ちが強すぎて、受け取る側のことなんて忘れちゃってるんですよね。
「私みたいに、嫁にプレゼントする優しい姑なんていないわよ」なんて思ってることも・・・。(私は直接言われましたが^^;)

洋服など腐らないものであれば、しばらくは箪笥の肥やしにしておくしかないでしょうね。
いくら「気に入らなかったら捨ててくれればいいから」と言われても、いただいたものを処分するのもつらいし、気は進みません。

せっかくくれる物をいらない!とはっきりつっぱねるわけにも行きませんし、旦那さんだってそれを見たら面白くないでしょう。
結構、夫婦間のもめごとになりやすいものでもあるんですよね、姑さんからのプレゼントは。

困った姑さんからのプレゼント具体例

主人の実家は遠いいので、年に数回しか会わないのですが、会うたびに洋服やバッグのお古を私に・・・。
絶対に着ないよな~、、、と思いながらもありがたくいただき、そのままクローゼットに行きます。

もらった物を使わずにいたら、「使ってないということは気に入らなかったのね!」と激怒というか、泣かれたというか・・・。かさばるものでもないし、もらっておいて、箪笥にしまっておいて、ほとぼりが覚めたころに捨てるか処分するのが一番いいのかなーと。ちなみに「使ってないということは気に入らなかったのね!」と言われたときには「クリーニングに出してて・・・」と取り繕いました。

私のために購入した、というのであれば趣味が合わなくてもありがたく頂くようにはしているんですが、さすがに。お古を押し付けられた時は、朱淳にお姉さんがいるのを使って「お姉さんにどうぞ」と断ってみました。
が、姑さんのほうが上手だった・・・。「あの子の趣味には合わないから」と言われました。私の趣味にも合ってないんですけどーと声にならない声で口をパクパクさせてしまいました。

どこの姑さんも、手ごわいですね。

姑さんからのプレゼント攻撃の対応方法を3つご紹介

プレゼントする側からすれば、相手を困らせよう、傷つけよう、面倒なことを起こそう、と考えてはいませんよね。
悪意を持ってプレゼントしてくる姑さんもいるのかもしれませんが、大多数は、喜んでもらいたいと考えているのだろうし、そんなに深く考えてもいないのです。
そんなに深く考えていないもので、嫁姑間がもめるのはお互い損しかありません。

普段から嫁姑問題がない場合にはただのお節介であることが多いでしょう。とはいえ、いらないものをもらってうれしい人はいませんし、なんとか回避したいものです。「要りません」と強く言えるならまだしも、ほとんどの方が善意に対して拒絶するのはとても困難です。
ですので、以下のような対応を参考にしてみてください。

一旦受け取って帰宅後処分するなり、保管するなりする

お互いに不快感が残らない手段です。
ありがとうございます、とニコニコと受け取っておけば、お嫁さんとしての立場もまた、姑さんの立場も傷つけることがありません。
自宅に持ち帰ったら、保管するなり捨ててしまえばよいのです。
ただ、姑チェックやご主人のチェックが入るならば、保管しておいたほうがよいでしょう。

この対応方法のデメリットは、お互いが不快な気持ちを持たない分、姑さんに迷惑であるという気持ちを伝えることができないので、プレゼント攻撃は姑さんが飽きるまで続く・・・ということになります。そこは致し方がないとあきらめたほうがよいでしょうね。

ご主人からなんとなく伝えてもらう

ご主人からなんとなく伝えてもらうのもアリですが、この場合はご主人があなたの気持ちを理解していれば、の話です。
もし理解を示してくれているのであれば、ご主人に話してもらいましょう。

ただ、ご主人も人の好意を無にするのはいかがなものか、と思ってしまうことのほうが多いと思うので、話し方に注意が必要かもしれません。

プレゼント攻撃にはプレゼント攻撃でお返しする

攻撃に対してお返しというと聞こえは悪いのですが、プレゼントをもらったら、ここはあえて姑さんの好みではないものをプレゼントしてみる、というのはいかがでしょうか。
「これいらないのよね・・・」「私がプレゼントすると必ずお返ししてくるし・・」と思ってもらえればしめたもの。
好意による趣味ではないものをもらう側の気持ちを体感してもらうのが一番かもしれません。

全てが全てを処分するのではなく、比較的我慢できるものは目の前で使う

頂けるものの中にはこれならなんとか使えるかな?というものもあるでしょう。
それを姑さんと会うときにだけ身に着けていれば、喜んでもらえますし、ほかのものは実際は一切使っていなくても、その部分には姑チェックが入らなくなりますよ。

上手に立ち回ることで、姑さんを手のひらで転がせるようになれば大したもの。一番賢い方法ですね。

お姑さんからのプレゼント 趣味じゃないし、、どうすればいい?まとめ

姑さんからのプレゼントは嫁いびりの為にしている場合を除いては好意によるものです。
だからこそ厄介なんです。

姑さんの性格とあなたの性格にもよりますが、姑さんとお嫁さんの年齢差はまさに親子ほどあるので、趣味が合わないのも当たり前なので、何をプレゼントすればいいのか、喜んでもらえるのか姑さんもわかっていないのでしょうし、それが当然です。

自分が納得できる対策方法が見つかるとよいですね。
これから長く続くお付き合いの中で、自分が納得できる対処法を模索してみてみましょう。

-LIFE
-

Copyright© ピタっとインフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.