目元の稗粒腫はなぜできるの?

目元の稗粒腫はなぜできるの?

目元の稗粒腫はなぜできるの?

目元のぶつぶつ・ぼつぼつ。アイラインやアイシャドーなどメイクの時に邪魔!ですよね。
稗粒腫は目の周りにできやすい、という特徴があるのです。メイクの邪魔!であり、逆にメイクのせいで、余計に塞がってしまいがちです。
痛くも痒くもない、この稗粒腫。原因はなんなのでしょうか?

白ニキビにも似ている「稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)」はどんなことが原因からできてしまうのか、
稗粒腫の特徴や原因、治し方や予防方法について、詳しく解説していきます。

稗粒腫の原因は?

稗粒腫の正体は、まだはっきりとは解明されていません。が、古い角質など老廃物の塊(毛穴や皮脂腺などに角質が溜まり盛り上がってできたもの)である、とされています。

上手に排出されず残ってしまった老廃物、古い角質が毛穴にとどまってしまい、稗粒腫になってしまうのです。
好発部位が目の周りなので、どうしても目立ってしまうんですよね。
目の下やまぶた、眉周辺に表れやすく、人によっては目頭、目尻にできてしまうため、アイラインが引きにくい、よれる、アイシャドーが上手に乗らないといった状態にもなりやすいもの。

痛みや痒みはない

炎症を起こしているわけでもなく、痛みもないので、対処しなくても健康上では問題はありませんが、
見た目が不潔、ザラザラして気になる、化粧乗りが悪いといったことから、大きくなると目立つため、早めに対処はしておきたいもの。
しかも、加齢によって目元の皮膚の老化が進み、代謝が悪くなったり、乾燥してしまうと角質がたまりやすくなるため、1つや2つだけではなく、いくつもできてしまう、という人も少なくありません。
とはいえ、10代の方もできやすいため、好発年齢は特になく、幅広い年齢層にできてしまうのも特徴です。

大きさは1,2mm以下のことが多いものの、大きくなると5mmほどにもなることも。

良性の腫瘍なため、専門的な研究がされていない

稗粒腫は、体質や油脂分の摂りすぎが原因、とする説や洗顔不足が原因だ、という説があるものの、良質な粒種なので専門的な研究がなされないまま、原因が明確とされていません。
二次的なもの、として、火傷や湿疹の痕などに発生することもあります。

目の周りにできやすい原因には、このように様々な説がありますが、目の周りは毛穴が少ないため、老廃物を排出するための穴が少ないということになってしまっている状態。これが一番有力でしょう。
毛穴が多いところは皮脂腺も多いため、汗も出やすいことから、それらが出ることで老廃物も一緒に押し出されます。
しかし、目周辺は皮脂や汗の出口自体が少ないので、老廃物が溜まりやすくなる、ということになります。

稗粒腫の症状は?

稗粒腫は、痛みや痒みといった自覚症状はなく、外から見て直径1~2mm程度で、触ると硬くとがって感じます。
傷みなどの症状がないので、汗管腫と間違われてしまうことが多いのですが、稗粒腫は白で、汗管腫は肌色や薄い褐色になっていることがほとんどです。

稗粒腫は、健康上にはなんら問題がほとんどないため、できたからといって焦って治療をする必要はありません。
が、目尻や目頭、など目立つ部分に一度にたくさんできてしまうのも特徴的なため、多くの方が悩む症状でもあります。

稗粒腫の治療方法

皮膚科では稗粒腫をすぐに取り除く治療が受けられます。放っておけば自然に治りますが、長いと一年以上はかかることもあります。
見た目が気になるようであれば皮膚科を受診してみましょう。そんな皮膚科で受けられる治療法には基本的に、針で圧出する方法と、レーザーを照射して治療する方法の2種類があります。

皮膚に小さな穴をあけ除去することで治癒しますが、皮膚と癒着している場合は除去できないこともあります。医療施設で除去する場合、稗粒腫が良性であることから、保険が適用にならないことがあります。

ここでは、自宅でもできる予防方法などを紹介します。

稗粒腫については、確立された予防方法はありません。が、経験的に以下のようなことが定番とされています。

  • 顔をこすらないこと
  • 稗粒腫がなくても顔をゴシゴシこすると、肌が角化して硬くなってしまうようになります。すると、稗粒腫が好発してしまいます。

  • 角質ケアなどのスキンケアを行う
  • 稗粒腫は肌の新陳代謝の乱れと角質の硬化が問題点としてもあげられます。角質ケアを中心としたスキンケアを行いましょう。

  • 皮膚を十分に保湿する
  • 稗粒腫は、十分に保湿することで、肌を健康に保てば発生することが少なくなります。

  • 規則正しい生活、バランスのよい食事を心がける
  • 規則正しい生活とバランスのよい食事を心掛けることは、肌にとっても良いことばかりです。もちろん、稗粒腫だけではなく、すべての肌トラブルの予防につながります。

稗粒腫の初期の対策と予防

ぶつぶつ、ぼつぼつが目元に現れるのは、目周辺の皮膚が老化しはじめているサイン、ともいえます。
目周辺に稗粒腫ができやすいのは、目周辺には老廃物を吐き出す穴が少ないこともあるため、不要な角質がたまりやすくなります。
年齢によって、さらにそれが進みます。
目元は皮膚が薄く、ちょっとした生活習慣の乱れから、血行不良になってしまったり、神経の疲れがすぐに反映されてしまいやすく、肌トラブルも目元はとても起こりやすくなります。

肌を清潔に保つこと

目の周りは専用リムーバーを使って、メイクをきちんと落とすこと。
皮脂や汗は、毛穴を詰まらせてしまうだけではなく、酸化しダメージの原因となってしまいます。

稗粒種はピーリングが効果的ということは皮膚科医も推奨するほどなのですが、ピーリングは刺激が強く、毎日行うことはしないほうが〇。
マイルドピーリング、ソフトピーリングなどの洗顔料を使うと、肌に負担をかけることなく、洗顔するのと同時にピーリングを行うことができます。

稗粒種がある方、稗粒種を予防したい方はピーリング洗顔を使うのもアリです。

刺激を与えないこと

こすったり、摩擦による刺激はブツブツができる原因になります。
メイク落としの時や、オイルやリキッドなどで肌をこすらないように気を付けましょう。

スキンケアの時には、指の腹側で優しく撫でるように行いましょうね。
稗粒種を自分でケアするのであれば、ヨクイニン配合化粧品を使うと徐々に稗粒種が小さくなり、ある時ポロっと取れます。
艶つや習慣はオールインワン化粧品ですが、ヨクイニン配合化粧品ですから、肌をキレイにしながら、稗粒種を小さくしていってくれます。
稗粒種以外の小さなイボにも対応していますから、首元、デコルテラインのイボにも試してみてくださいね。

代謝をあげて角質対策

役目を終えた古い角質は、本来であれば、時と共に自然と剥がれ、新しい細胞が下から生まれてきます。
それが新陳代謝(ターンオーバー)です。

紫外線や老化によりターンオーバーが遅くなったり、乱れたりすると、老化した古い角質は肌のなかに停滞したままとなってしまったり、逆に必要な角質が先に剥がれてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥することで、肌の表面の角質が固くなると、皮膚が固くなり、肌自体も柔軟性がなくなります。
乾燥すると、肌は硬くなるばかりではなく、縮みますから、毛穴もふさがれやすくなってしまい、ぼつぼつ、ぶつぶつが生まれやすい環境になってしまう、というわけです。
目元は血行不良も起こりやすく、代謝も乱れやすく、さらに、皮膚が薄く皮脂腺が少ないことから乾燥しやすい部位でもあります。
そして、一度、トラブルが起こると、なかなか改善しがたい部位でもあるんですよね。

ピーリング洗顔をご紹介しましたが、さらに効果的なのは、ピーリングと同じような作用のある化粧水や美容液でのケアです。リプロスキンは古い角質をオフして、ターンオーバーを促進するように肌に仕向けていく化粧水。リプロスキンを塗ると、次に使う美容液や保湿液などが肌に浸透しやすくなるため、肌そのものがふっくらと仕上がります。
ピーリング作用があるため、ピーリング洗顔料と併用はできませんが、リプロスキン1本あれば肌の基本ケアはバッチリです!稗粒種もできにくくなりますよ。

目元ケアは顔全体のケアとは別にすること

目元周辺にできる稗粒腫。
顔全体のケアとは別に目元を専門的にケアするアイクリーム、美顔器などを使うことを習慣にして、毎日ケアしていくことが予防と美肌、若返りにも通じます。

また、ピーリング石鹸、ピーリングローション、トレチノインは再発予防の効果が認められます。

稗粒腫のぶつぶつ・ぼつぼつを効果的に治すアイテム特集【まとめ】

目元の稗粒種はなぜできるの? まとめ

・古い角質など老廃物の塊(毛穴や皮脂腺などに角質が溜まり盛り上がってできたもの)である、とされています。
・1つや2つだけではなく、いくつもできてしまう、という人も少なくありません。
・皮膚科では稗粒腫をすぐに取り除く治療が受けられます。放っておけば自然に治りますが、長いと一年以上はかかることもあります。
・稗粒種を即効取りたいなら、皮膚科へ。
・自分で治したい場合には、ピーリング効果のあるもの、イボに効果が高いヨクイニン配合クリームを使う!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です