40代、50代でも始められる空手!私も40代後半で2段取得しました!

えほーまきの日でした、こんばんは!たまこです。

突然ですが、皆さんは何かスポーツをしていますか?
私は今年で51歳になりましたが、16年ほど空手をやっています。
しかも私が空手を習い始めたのは36歳です。

それまでは、中学を卒業してからは、一切スポーツというスポーツはしていませんでした。
大体が運動音痴なんで。(略してウンチってよく言いましたよね・・・)
そんな私でも現在2段を取得しているんです。

そう、空手は大人になってから始めても決して遅くないのです!
もちろん女性もです!

2020年東京オリンピック正式種目となった空手とは

2020年東京オリンピック正式種目となった空手とは
空手やってる、というと、必ず
「瓦とか割れる?」
と聞かれますが、瓦は割ったことはありません(笑)

そういうイメージが強いんでしょうね、きっと。

空手は大きく分けると2つに分けることができます。
それが「組手」と「型(もしくは形)」です。

さらに組手の中でもフルコンタクトと寸止め空手。とわかれます。

極真空手は、フルコンタクトの有名な流派の1つですね。
フルコンは、打撃系で、蹴り、突きと、相手にそのままダメージを与える空手です。

一方で、寸止めとは、蹴りや突きを寸止めすることで、得点が入る、というものです。
私が所属しているのは、こちら寸止めのほうです。
とはいえほとんど練習しているのは型(形)です。だから大人になってからでもできるんですよ^^

空手の型(形)とは

空手の型(形)とは
東京オリンピックでは、組手と型が行われます。
もう、楽しみで楽しみで仕方がありません!

もう少し、空手について詳しく紹介していきますね。好きなことなので何万文字も書けそうですが、離脱率も高くなるだろうで・・・(涙)

空手は柔道と違って、いろいろな流派が存在し、型も流派によって異なります。
五輪ではその型も種目の中の1つとなっていますが、流派が違うのに、どうやって採点するのか?と思う方も多いことでしょう。
また、五輪で空手を始めてみる!という方も多いことと思うので、事前知識として少し頭に入れておいていただけるといいかなーと。

まず、空手は流派がたくさんあるものの、ほとんどの流派が所属しているのが
全日本空手道連盟です。
この連盟に所属しているいろいろな流派があり、その中から東京五輪で日本人選手が決まります。

全日本空手道連盟には選手登録以外にも、審判の登録があり、審判になるためには様々な勉強を行わなければなることはできません。
特に型(形)に関しては、審判はいろいろな流派の型(形)を熟知していなければならないので、勉強するのも結構大変なんですよ。

同じ形(型)でも、全空連のやり方と流派のやり方が違うものなどもあるので、その辺りを混乱してしまうと審判にはなれません。

敵を想定したモノが型(形)

敵を想定した動きを行うのが形(型)です。

大人になっても、空手を習うことが可能なのは、この型(形)があるからこそです。
ジャンプするもの、二段蹴りを入れるものなどもありますが、シニアでも打てる(型は行う、やる、とはいわず「打つ」と言います>)型もたくさんあります。

私が好きな型もいくつかありますが、私の流派はおそらく主流ではなく(松濤流です)、五輪ではあまり見られないかもしれません(涙)
好きな型を紹介しておきます。
目下練習中ですが、なかなかバランスが厳しい形でもあります。

そして、おそらく五輪選手となるであろう清水希容(しみずきよう)選手の型はこちら

形(型)はバランスや体幹を必要とすること、筋力も必要となるので、シニアになってからでも始められるのです。

空手の組手とは

五輪においての空手の組手は寸止めなので、フルコンである極真空手は今まで全日本空手道連盟には所属していませんでした。
が、五輪種目となり、流派やフルコン、寸止め関係なく空手を広めていこう(ほんとかいな)という主旨のもと、極真空手も全空連に所属。
寸止めの練習をしているそうです。

組手については、動画を見てもよくわからないと思います。
フェンシングや剣道に近いものがあるんですよね。

寸止めなのに、何が点数になるの?と思われることが絶対的なので、一緒にみることができれば私も解説はできるんですが^^;
蹴りならば蹴りぬかない、蹴り足を戻さなければダメだし、当たって相手が倒れたら失格になります。
そこらへんが微妙な感じなので、五輪ではビデオ判定も行われるようですね。

確かにビデオ判定がないと、初めて見る人たちはわからん!と思います。

シニアになって空手を始めることでのメリットはあるの?

シニアになって空手を始めることでのメリットはあるの?
あるよ!と即答できます。

健康になるよ!

空手を始めた人はみないうのですが、「風邪を引かなくなった」と。
私もそうなんですよね。

どんなに寒くても暑くても裸足で行うスポーツだし、エアコンなんて使いませんしね。
胴着の下にはTシャツ程度です。
裸足だから鍛えられるのかもしれません。

50過ぎると、風邪もひきやすくなるし、なんとなく不調が続いたりするもの。
いつまでも健康で生きていくためには、何らかのスポーツをしている方がいいはずなんですよね。

空手はそういった点においてもオススメです。

ダイエットになるよ!

空手に必要なのは瞬発力と筋力。
40代や50代になれば瞬発力は落ちるものの、筋力はつきます。

また、腰をひねる動作が多いので、腰回りを鍛えることができます。
二の腕を引く動作も多いので、二の腕も鍛えられます。

初心者の方は、腕を引くときに、空手の場合、指がグーの形でこぶしを握っている状態なので、こぶしに力を入れてしまいがちなんですが、引く動作はこぶしではなく、二の腕を肩甲骨で引く動作になります。
これによって、二の腕付近が締められるので二の腕付近の筋肉が鍛えられるのです。

さらに、足が重要。
足に力を入れる動作と足の力を抜くという動作の繰り返しになるので、とても筋肉が鍛えられます。

筋肉がつけば、体の代謝が良くなって燃焼アップするので、ダイエットにつながりますよー。

体幹が鍛えられるよ!

空手は、体全体を使い、形を作るので、体幹がないとバランスを崩してしまい、力強く美しい形をとることができません。
そのため、体幹を鍛えることができるのです。

奥様は取扱注意を見ていましたか?
綾瀬はるかちゃんはめちゃめちゃ体幹がいいですよね。
あの姿にあこがれて、私もアクションやってみたい!と思っている女性も少なくないだろうし、始めた人もいるかもしれません。

そういった動きを学ぶことができるのも空手の型です。

ストレスの発散になるよ!

何が良いって、ストレスの発散になることです。

私が習っている場所はたまたま女性が多く、練習には女性が集うことになるのですが、なぜかみなさっぱりしている方々なので、練習後にお茶とか、休日にランチとかもありません。

そういうさっぱりした人じゃないと、空手などやらないのかもしれませんが、基本的に空手は一人で行うスポーツです。
自分ひとりが動き、自分ひとりが汗をかくことになるので、スポーツをやることでのストレスがたまりません。

また、蹴りや突きの動作は普段はあまりしない動作だし、大きな動きになるので全身を使うことになります。
それによってストレスが大きく発散できる!というわけです。

とは言っても、大人が通える教室とか近くにあるのかわからないし・・・。
月謝もいくらくらいなんだろう・・・。
あまり高いとなぁ・・・。

という疑問や不安もあるかもしれませんが、大丈夫!

空手はどこで習える?

空手はスポーツクラブにもありますし、似たようなものでスポーツコンバットというものもあります。

でも、スポーツクラブだと、月額が高い。ですよね。

空手は、近所の小学校の体育館などを利用して行っている団体も多いです。
自治体などに問い合わせしてみるとよいですね。

空手教室を探すのであれば、グースクールが便利なので、検索して見つけてみてくださいね。
>>グースクール

月額いくらくらい?

空手は、実は結構お安いです。

うちの教室で月額2000円という安さ。

どこも大体3000~5000円くらいで習うことができます。
また、お子さんと一緒に習うこともできるので、お子さんと一緒に!という方も金額での心配は意外といりません。

運動神経がなくても大丈夫?

学校を卒業してから、ほとんど運動経験がないし、空手は運動量も多いみたいだし、無理じゃないかしら・・・

平日の仕事に支障をきたさないか、不安があるなぁ・・・。

と、思っていませんか?

大丈夫です!

私も上にも書いてますが、中学校以降、運動という運動はほぼしてきてませんでした。
最初はさすがについていくのが精いっぱいなので、きつかったこともありますが、大人に対しては先生が個人の体力に合わせて
「無理しないようにしてくださいね」
「ケガしないように」
と言って下さるので、心配はありません。

部活動とは違うので、先生もやはりそこまでは厳しく言うことはありません。

ある程度、稽古をしていれば、そのうち体力もついてきます。
楽しいけど、体力が・・・と感じたら、個人トレーニングするのもアリ。

年も年だし・・・ついていけるんだろうか?

大丈夫です!

私は東京都の空手道連盟にも所属していますが、どの県にも空手道連盟があって、そこでは年に一度、
30代から空手を始めた方の為の大会もあるんですよ。

40代以降しか出場することはできません。
行ってみるとびっくりしますが、60代、70代も参加しています。

みなさん、生き生きとしてとってもお若い!

年を取ってくると関節が曲がってくるため、膝が曲がっていたり背骨が曲がってる人も多いですが、空手をしている人は、あまりそういう方は見かけません。
稽古で、膝を伸ばし背筋をまっすぐにすることをしているからなのかな?
それとも筋肉が鍛えられるからなのかな?
とも思いますが、だから、大丈夫!

私は39歳で黒帯を取得し、46歳で2段を取得しました。

40過ぎて初めて53歳で黒帯を取得した人も私の支部にはいます。

空手に限らず、誰でも最初は初心者ですし、何歳から始めてもいいのです。

自分の好きなことに汗をかけることは、とても幸せですよ^^

機会があったら、空手にチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です